このブログを検索

ad

スポンサードリンク

2015年1月7日水曜日

和光堂のベビーフードにコオロギ?! 異物混入の話

(追記:2016年の異物混入事件の話はこちら→「和光堂のベビーフード異物混入再び・6万食回収・青い樹脂片」)



ぎゃっ

コオロギ混入?和光堂の離乳食  - Y!ニュース

異物混入事件がメディアでちょくちょく取り上げられていますが、これまで自分とあまり関係ないものばかりでした。
……と思ってたら、和光堂のベビーフード?!
ベビーフードはほとんど和光堂ばかり使っていたので、これはショック。
自分のことなら気にしないですが、赤ちゃんのこととなると……
しかし、ベビーフードなんて、他の食品よりも厳重に衛生管理とか気が遣われてそうなので、本当に製造段階で混入したのかなあ、と思ってしまいます。
ましてや老舗の和光堂。うーむ。
ベビーフードって、かなり細かく刻まれて、クタクタになるまでやわらかく煮込まれてますよね。7mm程度と報道されているコオロギが、原型とどめたまま入ってるかなあ? と。
入るとしたら、全ての調理が終わったあとの、パッキングの段階くらいしかない気がするんですが、素材の食材にくっついてくるならともかく、そんな工場の中にコオロギがいるかなあ? と不思議に思います。
和光堂からの1月7日時点での発表はこちら。
調査待ちですね。

今回問題になったのは、1歳4か月から対象の和光堂 BIGサイズのグーグーキッチン ごろごろ肉じゃがなので、まだ我が家では使った事がないものだったのですが……



赤ちゃんの食べ物での異物混入と言えば、しらすの中にフグの稚魚が混じっていたという事件がありました。

あれは……正直、気づけそうにないなあ、と思いました。
今日あげたしらすの中に、エビが入ってたので一応取り出しましたが、多分気づかず色々食べさせてしまってるんだろうな。
フグは生死に関わるので、入ってないことを祈るしかないなあ……
因みにフグの毒はテトロドトキシン。怖いのは呼吸筋を麻痺させること。
もし万が一フグを誤食した場合は、気道確保→人工呼吸をしながら救急車コール、人工呼吸を続けて救急隊に引継ぎしましょう。適切な人工呼吸で救命の可能性が増します。
厚労省のフグのページ↓

ふぐと違ってコオロギは食べても死なないだろうけれど(コオロギの生態は知らないので、もし毒性があったらごめんなさい)、気分はよくないですね。
今後の調査が気になります。

1月8日 商品の自主回収の発表が出ました。
詳細はこちら↓
和光堂のベビーフードにコオロギ?! の続報 自主回収&「五目中華どん」にも虫混入…

(追記:2016年の異物混入事件の話はこちら→「和光堂のベビーフード異物混入再び・6万食回収・青い樹脂片」)

(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク