このブログを検索

ad

スポンサードリンク

2016年9月19日月曜日

自然派ママも怖くない、ナチュラルなはしかワクチンの話

はしかが流行してきました!
こわいですね、、、みなさん、ワクチン、うってますか?

「ワクチンって気持ち悪い」
「人工的なものを体に入れて、人工的な免疫をつけるなんて、自然じゃない!」

そんなママたちの叫びが聞こえてきます。
そもそもワクチンってなんなのでしょう???
気になりますね!



ずっと昔のこと……
これ、私の母から聞いた本当の話です。
「近所ではしかの子どもが出たよ」
という噂を聞くと、はしかにかかっていない子どもを連れて、近所のママさんたちがはしかの子の家に集まっていたそうです。
なぜか?
『はしかは一度かかったら二度とかからない』
そのことをママたちはよく知っていたからです。

そう! はしかをわざとうつしてもらっていたんですね。
「大人になってはしかになると、ひどく重症になる」
と言われていたから、小さいうちに、ひどくならないようにうつしてもらって、はしかの免疫をつけていたんです!
ママたちの知恵ですね〜。
すごい!


ところが、、、
この「はしかパーティ」でうつしてもらったものの、なんと! 肺炎や脳炎を起こして死んでしまう子もいたんです、、、。
軽くかからせるつもりが、死んでしまうなんて!
ママたちの子どもを思う優しい気持ち。それが逆に赤ちゃんを殺してしまうという悲しい結果を作ってしまっていたのです。


そこで、これはいけないと昔の人は知恵をしぼりました。
そうだ、わざとはしかのウイルスを弱らせて、軽く軽くはしかにかかれるようにしたら、もう「はしかパーティ」なんてしなくていいんじゃないか?

そう、それが「麻しんワクチン」なんです!

自然のはしかのウイルスのおそろし〜い毒性を、ごっそりと取り除いてしまうんです。はしかウイルスのデトックス……!
そして、デトックスしたはしかのウイルスを、鶏の卵を使って、じっくりじっくり時間をかけて熟成させて、他のばいきんが入らないようにきれいに小分けにして、、、

ついに「麻しんワクチン」が完成!

この「麻しんワクチン」をちくっと注射すると、人間の体はえらいので、自分の力で
「よし、このウイルスをやっつけるぞ!」
と抗体を作って、免疫力をぐぐっとアップするんです。
こうやって一回抗体を作っておくと、次にはしかウイルスがやってきた時には「おっ、こいつは前にやっつけたことがあるぞ! よし、もう一度やっつけてやる!」と簡単にウイルスを撃退しちゃうんですね。
自然の力ってすごいですね!


ちなみに、、、
1回だけしかワクチンをうたないと、5%の人には抗体ができないことがあるそうなんです、、、
これは体質によるものなので、どうしようもないみたい。
ところが、2回うてば、ほとんどの人が抗体をつけれるようになるんですって。
だから、ちゃんと2回うつようにしましょうね♪
2回ちくっと注射するだけで、自然の力で抗体ができる!
これってすごくありませんか???



え? でも、ワクチンの副作用が怖い?
そうですねえ、、、でも、はしかにそのままかかる方が、死んじゃう確率がずっとずっと高いんですよ〜。
デトックスした麻しんウイルスなら、軽くかかることができるから、直接毒素たっぷりのはしかウイルスにかかるより、ずーっと楽チン。
もちろん、はしかが流行っていない時なら、うたないメリットって大きいと思うんです。
でも流行っている今は、どう考えてもワクチンをうってあげないとかわいそう。
だって、はしかはすごーく感染力が強い! 
毒素まみれのはしかにかかるのと、今のうちに軽くかからせて自力で抗体作らせてあげるのと、どっちがいいかな……?
私だったら、絶対今のうちにかるーくかからせてあげるために、「ワクチン」うちますね。


実はここだけの話、うちの娘も副作用(副反応)が出ました。
それはブツブツ。
ブツブツと発熱は、かなりよく見られる副作用なんですって。
でもね、これって、まさに麻しんウイルスと戦っている証拠。
娘が麻しんの抗体を作ってるんだなー、がんばれ! って思いました。
好転反応? っていうのかな。まさしく体の中の悪い物を出そうとしてるんだなって感じ。
1週間もしないうちに、すーっときれいになくなってしまいました。
あ、はしかウイルスに勝ったんだな! って思いました。
もちろん、いろんな副作用が出る事があります。アレルギーなんかもありますしね。
だから、あまりに調子がおかしいな、とか、お熱が高過ぎて心配……っていう時は、迷わずお医者さんにかかってくださいね♪


副作用と言えば、一度ワクチンに危機が訪れたことがあります。
それは「ワクチンの中の水銀のせいで、自閉症の子が増える!」って言いだした人がいたんです。
ママたちは大慌て!
でもね、きちんとよーく調べてみたら、その話はデマだったんです(今は詐欺でしたよ、ねつ造でしたよって結論が出てるみたいですよ)。ひどい話でしょう?
それに、ワクチンの中に入っているっていう水銀。
これ、他のバイキンが増えたりしないように入れている大切なものだったんです。
そもそも、この水銀の量って、私たち日本人が普段食事している時に食べる一日に摂る水銀の量よりも少ないんですって。
それでも、「やっぱりよけいなものを体に入れないようにしよう!」と、今は水銀を入れないようにしたり、ギリギリまで減らしたりして努力しているそうですよ。


今ははしかで死ぬことはずっとずっと少なくなりました。
でも、それってやっぱり、育児や家事や仕事で忙しい中、きちんとママがワクチンをうってあげた証拠。
優しいママたちに守られて、今の子どもたちは幸せだな〜♪

今は、1歳と小学校に入る前の2回、無料でワクチンをうつことができますよ!
まだの方、ぜひぜひお早めに!




(長らく私のブログを読まれている方には驚かれる内容だったかもしれないことを心からお詫び申し上げます。世の中には様々な主義主張の方がおられると思いますが、お互いに歩み寄れる部分が必ずあると私は思っています。
特にワクチンに関しては、「軽くかからせて、免疫をつける」という、非常にホメオパシーなどに精通されている方々と相性がよい考え方であると考えられるにも関わらず、ごく一部の方に嫌われていることを鑑み、今回の記事を書かせてもらいました)

その他麻疹の記事については、「麻疹情報まとめ(当ブログ内)」を、その他の記事については「サイトマップ」をご覧ください。
(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク

5 件のコメント:

  1. はじめまして。
    記事を読ませていただいて、予防接種受けさせないお母さんたちがいるってことに驚きました。定期接種の分は少なくともみんな受けているものだと思っていました・・・。私は逆に病気にかからせるのが怖くて怖くて、2か月の予防接種がはじまった時点で、MRも四種混合も全部うたせたいって思ってました。それも極端かもしれませんが(笑)
    今回も幼稚園児の息子に自費でMRをうたせました。二期の、就学前の一年間まで待ってられない!と思ったのです。うまく免疫ついてくれるといいなあと思っていたら接種4日後から痰のからむ咳をしだして・・・風邪をひいたみたいです。ちゃんとはしかの免疫ついてくれてるといいんですが・・・。予防接種後の風邪って大丈夫なのか、はしかの免疫が阻害されるなんてことはないんだろうか・・・と市からもらう予防接種の手引きをひもときましたが載ってないんです。正直一般人には予防接種のこともそのあとの症状も免疫の付き方だってわからないことばかりなので、例えば妊娠中にそういう講座があってもいいなあなんて思ったりします。
    とにかくも息子にはしかの免疫がちゃんとついてることを祈ります・・・!

    返信削除
  2. 意図を鑑みて、素晴らしい記事だと思います。尊敬します。

    返信削除
  3. はじめまして。2回予防接種しないと効き目がないんですね!今、母子手帳を見たら1回だけでした。お金かかるけど、予防接種してきます…。

    返信削除
  4. 良い記事を有り難うございます。
    母は看護士でした。私たち3人姉弟の麻疹罹患状況を聞いてみたところ、よく憶えていて話してくれました。何かの参考になるかと思い書かせて頂きますね。昭和40年代の話ですが(^-^;

    私は2歳になったばかりの頃、ワクチン接種前に麻疹にかかり、命にかかわるほどの重症に。高熱が出て回復までもかなりかかったそうです。
    姉は1回摂取後の3歳頃にかかり、それほど重症化せず回復。
    弟は2度目の接種後に副反応が出ましたが、軽い発疹程度ですみました。
    私が重症化した経験から、ワクチンがあるのは本当に有り難いと思ったそうです。

    私は水ぼうそうを近所の子にうつして貰いなと送り出された世代ですが、おたふく風邪から髄膜炎になり、42度を超える発熱で死にかけ入院しました(^-^;
    子供の病気は舐めれませんね。
    この記事が大勢の親御さんに届きますように。

    返信削除
  5. 最近麻疹や風疹だけでなく、おたふく風邪もワクチンできたそうで。
    というのも稀ではあるけれども、上記の方のように重症化する場合もあるという事で、つくられたそう。
    私の時代は罹ってナンボみたいな感じでしたけど、この重症化を防ぐためにワクチンは必要なんだなーと実感した次第。
    自分がかからないようにというのと、人にうつさないようにという二つの理由からですけども。
    いつもわかりやすい解説をありがとうございます!

    返信削除