このブログを検索

ad

スポンサードリンク

2017年4月29日土曜日

新潟市の麻疹(はしか・麻しん)についてのまとめ 2017年4月

新潟市で麻疹(はしか・麻しん)の患者さんが出ています。
4月28日に情報が出たばかりで、感染経路(海外からのもちこみの感染なのか、それとも山形の流行や、インド→石川県金沢市の麻疹と関連があるのかどうかなど)についてはまだ発表されていません。
情報ソースとしては、新潟市からのプレスリリースを基本として書いていますので、関係のある方はぜひそちらもご覧ください(文末に参考サイトをまとめています)。

新潟市の麻疹患者さんの経過と利用した施設名・利用した日時

20代男性 新潟市在住
4月21日
発熱
4月24日
発疹、咳→新潟市の医療機関を受診
4月26日
症状改善せず、別の医療機関受診。検査。
4月27日
検査の結果、麻疹と判明。

という経過ですが、感染の可能性のある期間にいくつかの新潟市内の施設を利用しています。
下記に書いてある時間帯に施設を利用した方は、麻疹に感染した可能性があります。麻疹ウイルスに対して抗体のない(感受性がある、と表現します)方は、ご注意ください。


イオンモール新潟南 4月21日〜23日(終日)
新潟西郵便局 4月25日(正午〜夕方)
ウエルシア新潟寺尾店 4月25日(正午〜夕方)
ビデオ 1 近江店 4月25日(夕方〜深夜0時頃)

麻疹はとても感染力が強く(簡単に比較はできませんが、基本再生産数という数値を比較すると、インフルエンザの約10倍の感染力です)、空気感染といってマスクでは防げません。





もし感染していた場合はどのように発症するか

潜伏期間10〜12日程度を過ぎたのち、発熱、鼻汁(鼻水)、咳といった風邪のような症状や目の充血などの結膜炎の症状が2〜4日続きます。
その後、若干解熱傾向があったのち、39℃を越えるような高熱と共に、発疹(皮疹・ぶつぶつ)が出ます。
麻疹の抗体があるけれど、その抗体量が不十分な人は、上記のような典型的な経過ではなく、微熱だったり、発熱がなく発疹だけだったりと症状が全て出そろわない事があります(修飾麻疹と言います)

そして感染力は、「最初の症状が出る1日くらい前から」あります。これが感染拡大を防ぐのが難しい点の一つになります。


いつから発症する可能性があるか・その対応は

5月1日頃から発症リスクがあります(感染から10〜12日後なので、該当日から数えてみてください)。
当該施設を利用した方で風邪のような症状が出始めた場合は、「麻疹の可能性がある」と思って行動してください。
医療機関を受診する際は、受診前に必ず電話で連絡をし、その後の対応について指示を仰いでください。

(個人情報の問題になりますので詳細は書きませんが、イオンモールに終日いるということは、店員さんかスタッフではないかと思います。恐らくすでに注意喚起されていると思いますが、従業員の方は特に今後のご自身の体調にご留意ください)


また、ゴールデンウィーク中に旅行先での発症も考えられます。
感染リスクのある方は体調に気を配り、風邪のような症状が出た場合は現地での医療機関受診の可能性もあると考え、旅行の準備をしてください。
保険証など忘れずに!


麻疹は死ぬ可能性のある病気で、マスクでは防げません・ワクチンの接種を!

麻疹は、免疫があれば(抗体があれば)怖い病気ではありません。そのためには、麻しんワクチン・MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)が必要です!
これらのワクチンは「2回接種」の必要があります。
今後も感染拡大の可能性があります。ぜひ、ご自身や家族のワクチン接種歴を確認し、2回接種が確認出来ない方は早めのMRワクチン接種をおすすめいたします(現在、昨年の流行の影響でMRワクチンが品薄状態で、今後更に不足する事が予想されます)。

新潟市のMRワクチンの助成については、以下のページでご確認ください。MRワクチンは3000円の助成が受けられます。ただし、かなり条件が厳しいです……
https://www.city.niigata.lg.jp/iryo/kenko/yobou_kansen/kansen/kinnkyuufuusinn.html


通常のサージカルマスクでは感染を防げません。唯一感染のリスクを下げられる可能性があるのは


こういったN95という特殊なマスクですが、使い方が難しく、毎日つけて歩くような普段使いできるようなものではないため、一般の方へはおすすめできません(詳しい話はこちらに書いています)。


「大人になると重症化するから、子供のうちに軽くかかっておいた方がいいっていうじゃない?」

という方は、ぜひこちらの記事をどうぞ。
大人が麻疹(はしか・麻しん)にかかると重症化するのか〜「子どものうちにかかった方がいい」?〜



参考サイト
麻しん(はしか)患者の発生について 新潟市
http://www.city.niigata.lg.jp/iryo/kenko/yobou_kansen/kansen/masinnzyouhou/29mashin.html
東京都感染症情報センター » 麻しんQ&A
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/measles/measlesqa/



-----------------------------
2016年流行時の麻疹の記事の一覧をおいておきます。
妊婦さんや1歳未満のお子さんのワクチンの話、麻疹についての基礎知識、ワクチンの話など、テーマ毎に書いています。
http://halproject01.blogspot.jp/2016/09/blog-post_11.html
(もし記事を読んで、「役に立った。よし、これ書いたやつにコーヒー1杯くらいおごってやろうか」などと思ってくださった方は、noteからサポートなどしていただけたら幸いです。シェアも大歓迎です)
□twitterで @halproject00 をフォローする□
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿